睡眠時に呼吸してますか

医者

眠っている間に呼吸が定期的に止まってしまう病気のことを睡眠時無呼吸症候群と言います。無呼吸症候群はSASサスと呼ばれることもあります。一般的に、10秒以上、気道の空気が停止した状況を無呼吸と呼びます。その無呼吸である状態が寝ている間に何度も起こしてしまう人がいます。1時間に5回以上無呼吸の状態があれば睡眠時無呼吸と診断されます。睡眠時は自分が無呼吸である場合でも気付くことが出来ない場合がほとんどです。そのため、統計で出ている睡眠時無呼吸症候群の患者数に加えて、自覚症状がない人や、検査、治療を受けていない睡眠時無呼吸症候群の予備軍の患者はさらに多いと考えれています。睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に呼吸が止まるだけで、身体への影響はさほど無いのではないかと、安易に考える人も多いです。ですが、睡眠時に無呼吸の状態が定期的に起こると、目覚めてから活動する時に様々な影響を与えてしまいます。

本来、睡眠というのは活動をしていた身体と脳の休息を行なうためのものです。ですが、無呼吸の状態が続くことで体内の酸素量は減少を続けます。酸素不足をカバーするために、心拍数は上昇し脳や心臓に大きな負担をかけてしまいます。睡眠時無呼吸症候群は生活習慣が正しくない人に起こる場合があります。タバコやお酒、栄養バランスの取れていない食事、高血圧や糖尿病、高脂血症などがある人も気をつけたほうが良いでしょう。また性別や年令によってもその発症率や発症するタイミングが変わってきます。自分が睡眠時無呼吸症候群かどうか不安な人は病院で検査をしたり、医者に相談をすることでそうきに発見することが出来ますので利用してみると良いでしょう。

関節の辛い痛み

医者

自分の体を攻撃する因子によって、関節に炎症を起こす関節リウマチ。完治することは難しく、痛みをコントロールするなどの対症療法が中心となります。進行性の病気なので、早期発見、早期治療が何よりも大切です。

リウマチを治す

医者と看護師

リウマチ治療にはお薬の進化で、痛みだけではなく進行を抑えることができるようになりました。また最近の研究で原因不明のリウマチが少しずつ解明されてつつあります。喫煙をやめることで、発症を低下される報告があります。

サイバーナイフを知る

病院

サイバーナイフによる治療は、腫瘍の大きさが3センチ以下の場合に受けることができます。また導入している医療機関を受診することが必要です。日帰りができますし、個々の都合に合わせたペースで治療を進めていくことができます。