リウマチを治す

治療の今

医者と看護師

リウマチの原因はいまだ解明されていませんが、多くの発症原因は遺伝子によるものが40%です。残りの60%は様々な環境ストレスが原因です。リウマチの治療には投薬治療と注射により早期治療をする事で、痛みや炎症を抑えることができます。そして病気が再発をすればお薬を飲むという治療です。リウマチの治療ではリハビリテーションを投薬治療と並行したり、場合によっては原因となる部分の膝や股関節を人口の関節と入れ替える手術も行っています。そして日常の生活を取り戻す方法もあります。ストレスや加齢によってリウマチを引き起こします。また怪我や出産で発症する場合もありますので、日頃から規則正しい生活を心がけて、予防に努めておくといいでしょう。

最新情報

以前ではリウマチの原因が分からず、症状に対して治療をするだけでしたが、様々な研究でわかってきました。タバコの喫煙や受動喫煙をやめることにより関節リウマチをの発症を低下できる事がわかってきました。原因の一つは喫煙者の口腔内細菌や腸内細菌のバランスが崩れるためリウマチの発症につながるのではと考えられています。また薬も進化されました。今までは痛みや炎症をただ抑えるだけでしたが、進行を抑える効果ある薬が処方されていますので、以前と比べて革新的に進歩しています。これはリウマトレックス・メトトレキサートという薬の量が他国と同じような量を使うことが認可されました。そして、同時に葉酸を一緒に摂取する事で効果が期待されます。